「ぶんじ」が届きました

胡桃堂喫茶店さんから、「ぶんじ」をいただきました。
f:id:hetayo:20180125232734j:plain


「ぶんじ」とは

東京都国分寺市地域通貨だそうです。

加盟店(という言い方が正しいのでしょうか)とか地域のイベントなどで、
1枚(100ぶんじ)⁼100円として使えるそうです。
bunji.me


ぶんじの最大の特徴は、「ありがとうの気持ちを通貨にのせる」という考え方で、
使う際には裏面に一言メッセージを残すんですって。

おつりとしてもらえることもあるらしいので、これまでにどんな風に使われてきたか、
メッセージを読むのも楽しいですね。

クルミドコーヒーファンドの特典として

この「ぶんじ」は、昨年購入したクルミドコーヒーファンドの特典として、
300ぶんじいただきました。
www.securite.jp


真新しい「ぶんじ」なのですが、裏面には胡桃堂喫茶店さんから、
くるみのイラストとメッセージがありました~
f:id:hetayo:20180125233544j:plain

週末あたり「ぶんじ」を使いに国分寺へ行ってみたいと思います。

【長期運用】つみたてNISAでコレ買います

現行NISA続行か迷いましたが、長期運用を本格的に考え始めていたので、つみたてNISAへ変更しました。

個別銘柄をスイング~中長期で運用し、もっと長いスパンで少しづつ積立てられるのが理想的。
だったら、非課税制度を使わない手はないな、と。

iFreeS&P500 を買うことに

S&P500とは

ニューヨーク証券取引所NYSE MKT、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される時価総額加重平均型株価指数

日本株でいうところの、225的なところなのでしょうか。
ダウよりも銘柄が多いので、
米株で運用する場合のベンチマークにするにはよいかな?と。

51年間の平均年利は、9.7%(配当込み)

S&P500の1965~2015年までの51年間の平均年利は、配当込みで9.7%だそうです。

あまりにも年利が良くて、「切り取り期間によってはもっと利回りが下がるのでは?」と不安になったので、1965 ~2015の間をランダムに20年切り取って試算してみました。

ついでに、金融危機と言われる年表をググったので、20年間に組み込まれるように切り取りました。
f:id:hetayo:20171225232156p:plain

具体的な平均値はこうなりました。
1965-1984  9.2%
1974-1993  9.6%
1980-1999  18.5%
1987-2006  13.0%
1992-2011  9.6%
1996-2015  9.9%

いずれの期間も9%越え。


短期間では上下が激しい印象なので、最高値更新中の今からスタートするのは、結構勇気要るのかと思ってたんですが、長期で均すと思えば大丈夫そう。

均してみても十分な利回りが期待できそうです。
これが長期運用の良いところなのですね。

まとめ

時間をかけて個別銘柄の選定するよりも、長期運用にすればいいんじゃないか、とも思ったのですが、
コレといった趣味もなく、運用が唯一の趣味なものですから(その割には上達しませんが)
今年も個別銘柄も適度に物色していきます。

iDeCoの方がもう少し長く拠出期間があるので、米株タイプにスイッチングも検討しようかと思ってます。

【家計簿】11月の支出と反省と

こんばんは。おこめです。
運用記録にしようと思って始めたのに、振り返ると家計簿しかつけてないブログ(^^;

運用パフォーマンスはたいしたことないので、公開するほどではないんですが、
どんなことを考えて売買したかとかを記録しようかと思ってたんでした。
来年はもう少しまとまったブログが書けるように努力したいです。

2017年11月 わたしの家計簿

夫婦二人、お財布は別々で管理してます。
わたしは食料品、日用品などの出費を担当しています。

▽食費(2人前)8,997
今月も少ないです。先月に続き、冷凍後の在庫を使ってます。
1週間ほど帰省もしていたので、少なめでした。

▽コンビニ 11,483
20日稼働で一日574円の計算ですね。

▽日用品(2人分)11,821
今月も風邪薬を買いました。

▽交通費 14,460
多めだと思ってましたが、これが平均値になってきてしまいました。

▽被服美容 12,010
美容院に行きました。あと、レインブーツが壊れたので新しいものを買いました。

▽クリーニング 3,246
夫のYシャツがほとんどです。

▽携帯 5,000
毎月固定支出費用として5,000円を見積もり引き落とし口座へ。
百円以下を四捨五入しています。

コンタクトレンズ 6,000
1day使い捨ての毎月定額の引き落としプラン。
こちらも毎月の固定費用として、引き落とし口座へ移してますので百円以下を四捨五入してます。

▼帰省費用 14,506
今月は夫の実家へ。これは前もって準備してましたので、想定内の出費です。

▼総支出 177,370円

反省・見直し

今月は収入が少し多かったため、繰越金を多めに出せたので、ファンドの買い増しができました。

NISA枠もあと10万。
使い切れるかどうか・・・

【家計簿】10月の支出と反省と

下書きして保存したままでした。。

10月の支出を見直しました。

わたしの負担部門について

結婚して3年目、お財布はまだ分けたまま。
我が家における費用負担率を改めて計算したところ、夫とわたし、約7:3でした。

このうち、わたしの主な負担費用は食料品費、日用品(洗剤などの消耗品)
大黒柱の夫は、家賃、光熱費、ネット回線費用、外食費、新聞代などを負担してくれてます。
保険料、携帯料金、娯楽、交際費などは各自負担です。

家計簿をつけているのはわたしの担当分になります。

2017年10月わたしの家計簿

▽食費(2人前)7,794
今月は少ないです。なぜなら肉や魚のメインおかずのたんぱく源を購入してないから。
主人が趣味で釣ってきた魚をメインに調理しましたので、わたしの財布は大助かりです。

”でも、その魚を釣るのにいくらかかってるのか?”
っていう計算をしたら、スーパーで材料を買った方が安いに決まってるので、家計としては安く済んだ訳ではありません。
そこは娯楽費込みだと思って。

▽コンビニ 16,549
今月もお弁当チャレンジ失敗です。20日稼働で一日827円の計算ですので、先月よりも上がってますね。

▽日用品(2人分)8,844
今月は確か風邪薬を買った。
風邪薬って意外としますね。3日で1700円とか。
健康でいることは何よりの節約ですな。

▽交通費 15,640
今月も割高乗り換えルートを使う頻度が高かったです。
もういっそそちらを正規ルートにしたらどうかというくらい。
あと、帰省したり飲みに行ったりで近距離タクシーを2回使用してました。

▽被服美容 1,620
趣味のヨガ小物を買い足しました。寒くて。

▽書籍 5,038
今月も投資関連の勉強本を購入。
まだ読み終えてません。

▽携帯 5,000
毎月固定支出費用として5,000円を見積もり引き落とし口座へ。
百円以下を四捨五入しています。

コンタクトレンズ 6,000
1day使い捨ての毎月定額の引き落としプラン。
こちらも毎月の固定費用として、引き落とし口座へ移してますので百円以下を四捨五入してます。

▼帰省費用 75,420
急遽私の実家へ帰省することに。2人分の往復飛行機+バス代です。

▼交際費 4,212
内祝いのギフトを買いました。

▼総支出 146,117円

反省・見直し

通常の出費は予算内で収まりましたが、帰省費用など予定外の緊急出費が大きかったです。
こういう時のために予定外出費を貯めておいて良かったなと思いました。

通常予算の方で思い出したんですが、クリーニング代を入れてないことに気づきました。
月予算財布から現金を出してますので、一応予算内で収まって入るんですが、たぶん先月は6,000円くらい出しているはず。
レシートが手元に残らないから忘れてました。
これも来月はきちんと計算したいと思います。

家計簿の見直し

家計簿アプリを辞めて2カ月程経過しました。
hetayo.hatenablog.com

予算内でやりくりは出来てます。
もっと余るかと思ったのですが、ほぼ予算きっちり使い切ってます。

でも、ホントは毎日の予算に余裕があるから使いすぎてるのでは?
無駄なところはないかな?
もう少し絞れないかな?
と思えてきたので、見直しをしたいのですが、今の方法(家計簿は付けない方法)では金額が把握できませんので。。

そこで月に1回、締め日にまとめてレシートの計算をすることにしました。

f:id:hetayo:20171019164326p:plain

2017年9月の家計簿

▽食費(2人前)17,705
自宅で自炊分です。
我が家は財布が別々なので、外食費は旦那氏が負担してくれます。

▽コンビニ  15,533
ほぼ私の昼食代やお水・間食代。20日稼働で一日770円ほど。。
週に2日お弁当を作れば、6,000円は浮く計算に。

▽日用品(2人分)12,828
洗剤をジェルボールに変えてみたり色々と試した結果、少し高めになってしまったと思います。

▽交通費 15,460
あと10分早く家を出れたら定期券のルートで行けるのですが、
なんだかんだと家の中のことをやってしまうとちょっとだけ遅くなってしまって、
時間短縮できる定期券外の最短ルートを使ってしまうんです。
たぶん5分しか変わらないんですが。
頑張って10分早く家を出れたら、もう3,000円は節約できるかと。。

▽趣味 18,032
今月はライブと観劇に行きました。
どちらも年に1~2回の楽しみなので致し方ない。

▽被服美容 8,765
約3カ月に1度の美容院。今回カットとトリートメントのみなので、5,000円以内でした。
洋服は確かGUで数枚夏用のブラウスが値探ししてたので買ったが、急に寒くなったのであまり着れなかった。。

▽書籍 1,826
投資関連の勉強本を購入。

▽携帯 5,000
楽天モバイルをカード引き落としで、本体代と合わせて毎月だいたいこのくらいになります。
引き落としなので毎月定額で引き落とし口座へ移しておいて、明細で確認の流れ。
予算で計算しているので百円以下を四捨五入してます。

コンタクトレンズ 6,000
1day使い捨ての毎月定額の引き落としプラン。
こちらも引き落とし口座へ毎月定額で移してますので百円以下を四捨五入で計算してます。

▼総支出 101,149円

反省・見直し

コンビニなど通勤にかかるお金は無駄がありそうだな~とわかってはいたんですが、
日割りにすると具体的な改善点が出てきますね。

まずは昼食代と交通費の無駄遣いをコツコツ潰していきたいです。

つみたてNISAに興味を持つ

2018年1月から始まるつみたてNISA

SBI証券では9/22から口座受付が始まっており、楽天証券でも9/24から受付が始まるようです。
おこめは現行NISAをSBI証券で既に開設していますが、申し込むかどうか検討した方がいいのかな?

つみたてNISAとは?

まず、NISA(現行NISA)についてはこちら。

NISAとは、平成26年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

www.fsa.go.jp


で、現行NISAとは、どう違うのかと。

「つみたてNISA(積立NISA)」とは、2018年からはじまる新たな少額投資非課税制度です。
これまでのNISAと同様に毎年の非課税投資枠から得た利益・分配金にかかる税金はゼロとなりますが、非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年という点で異なります。


また、取引方法については定期的に継続した買付(積立)である必要があり、対象商品は一定の条件を満たす(※)投資信託ETFに限定されています。

大きな違いとしては

  • 年間投資額と期間が異なる
  • 購入できるのは対象商品となっている投資信託ETFのみ

ということらしい。

比較したものがSBI証券に掲載されてました。(ジュニアNISAも比較されてます。)
f:id:hetayo:20170923184448p:plain

現行NISAとつみたてNISA、併用不可

現行NISA(2018年~)とつみたてNISAの併用は出来ないそうです。

なるほど!
勝手に、併設できるのかと思ってました(^^;)
もし併設できちゃったら年間の非課税枠が160万にもなっちゃいますからね、さすがにそれはないか。

20年の長期間積立てるなら、ⅰⅮeⅭoでも良いのでは?

20年積み立てて引き出さないつもりなら、ⅰⅮeⅭoでもいいじゃない?と思ったんですが、
60歳まで引き出せないのがⅰⅮeⅭo
あくまでもNISAなのでつみたてNISAは途中で売却、現金化できるのがメリットなんですかね。

逆にⅰⅮeⅭoのメリットは、拠出額が控除になることと、非課税でスイッチングができるところでしょうか。
NISAは新規購入のみなので、商品変更のために一旦売却したら新たな投資枠で購入しないといけません。


気になる対象商品は?

SBI証券では現在の取扱い予定商品の一覧を掲載されてました。
つみたてNISAの対象商品は、インデックスばかりなのかと思ってましたが、アクティブもあるんですね。

ひふみプラスもありました。

おこめはこの機会に、気になっていた鎌倉投信の「結い2101」の資料請求をしてみました。
www.kamakuraim.jp


まとめ:結局つみたてに変更するのか?

現行NISA開設当初はバランス型の投資信託とREITの投資信託を少額ですが積み立ててました。

現在はⅰⅮeⅭoへ加入してしまったので、投資信託の積立はⅰⅮeⅭoでしていて、
個別株の購入に使っている状況です。

なので、おこめ自身は急いで変更することもないかと思ってます。


ただ、20年間非課税という長期間積立ては魅力的なので、対象商品と比較して検討していきたいと思います。

アムラーではなかったけれど

驚きましたね、安室ちゃんの引退宣言。

アラサーのおこめは、一番音楽を聞いていた時代に大流行していた人だから、
青春を彩る名曲ばっかりなんですよ。

初めてカラオケを覚えたのもこの頃だから、安室ちゃんの歌はよく歌ったし、今も歌うし、
実はダンスを習っていたんだけど、安室ちゃんを初めとするアクターズスクールブームがきっかけなんです。

関連銘柄はある?

安室ちゃんと言えば、アムラー現象で一世を風靡しましたね。

ロングヘア、厚底ブーツ、細眉、ミニスカート。
当時、ふわふわのワッフルヘアに憧れてアイロン買ったっけ。

こんな感じの挟むタイプ。

残念ながら、おこめの固すぎる髪質では安室ちゃんのふわふわワッフルヘアにはなりませんでしたけどね。

そうそう、最近若い子の間で流行ってるチョーカーも、おこめが10代の頃に安室ちゃんが着けてて流行ったんですよね。



MCが無いというストイックなライブも、一度は観てみたいと思っていたけど残り1年はチケット、簡単には取れないでしょうね。
あ、WOWOWでも入ろっかな。

ということで、4839WOWOWをちょこっと見てみました

最近のチャート
(月足)
f:id:hetayo:20170921230600p:plain

最新の四季報での印象は、
営業利益予測はやや横ばい、CFは良好かと。
配当利回りは2.46%
四季報の情報より株価が上がってるので、指標や配当利回りの割安感は減ってますが。

8月加入数は増加

8月は夏フェスとかの影響なんですかね。
おこめも今年は行けなかったので、WOWOWで観れるなら興味津々。

優待もあるよ

「視聴料3カ月分無料または2,000円相当」
これまた魅力的。

まとめ

個人的には割安な印象ではないので、慎重にいきたいところですが、
月足を見ると優待に向けて上がってるのかも?という印象を持ちました。


WOWOW加入も検討したいところですが、
今はネットで映画や海外ドラマが見れるツールもあるので、もう少し比較してみなければ。